愛知県 豊橋市 ハート動物クリニック 動物病院 の日常です


by heart-day
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:鳥さんのこと( 8 )

日本のツバメ

暖かくなってきて、鳥たちの活動が活発になってきました。
今朝も通勤の車の前をツバメが低空飛行で横切って・・ちょうど聞いていたラジオでこんなニュースを伝えていました。



※以下日本野鳥の会ホームページより転載。
******************************
d0129766_941177.gif日本野鳥の会


消えゆくツバメを守ろうキャンペーン

春になると、南の国から渡ってくるツバメ。
しかし近年、ツバメは減少しているといわれています。

ツバメは古くから里山の自然の中で生きてきた、人と自然との共存を象徴する野鳥です。
ツバメが姿を消すとき、それは私たちにとっても懐かしい風景も消える時なのです。

日本野鳥の会では、ツバメの情報を広くみなさまから集め、ツバメをとりまく現況を明らかにしていきます。

今年、みなさまの町に、ツバメたちは元気に訪れていますか?
みなさまの声を、ぜひお寄せください。

************************

ツバメの現況を知るため、広く情報を集めて調査します

ツバメは人と自然の共存を考えるうえで重要な指標となる生き物です。ツバメが減少している背景には、農業の衰退によりエサ場となる水田や耕作地の減少、巣作りに適した日本家屋の減少などがあります。
また、昨年の原発事故による放射性物質がツバメに与える影響も心配されています。
d0129766_944231.jpg






この特設サイトでは、ツバメたちの渡来や子育ての状況をはじめ、ツバメをとりまく身近な環境の変化についてみなさまから情報をお寄せいただき、結果を公開していきます。

************************


日本野鳥の会ホームページでは、「私の町のツバメ情報」を集めているそうです。
ご興味のある方は、ホームページを参照になさってください。
日本野鳥の会ホームページ
[PR]
by heart-day | 2012-05-17 09:46 | 鳥さんのこと
鳥のフード、続編 鳥のフード、どうしてますか?で以前ご紹介させていただいたバードフード、本日入荷したものです。


HARRISON'S(ハリソン)
ADDULT LIFETIME SUPER FINE
d0129766_12522463.jpg





※注意:これは鳥さんのフードです。
後ろに移っているお魚には与えてはいけません。









粒が小さいので成鳥のオカメインコさん、セキセイインコさんに向いています。
栄養組成からフィンチ類には向かないかもしれません。

このフードはオーガニック(有機栽培)の原料を使ってます、すばらしい。

d0129766_12545799.jpg

中はこのくらいの大きさの粒です。
オカメさん、セキセイインコさんのお口(くちばし)に丁度いい!








このフードは獣医師の指導のもとに与えていただきます。
サンプルなどもご用意してありますので一度ご相談ください。
[PR]
by heart-day | 2009-06-10 13:04 | 鳥さんのこと

巣立ち

d0129766_8451100.jpg

玄関に営巣していたつばめ、無事巣立ちました!
[PR]
by heart-day | 2009-06-10 08:04 | 鳥さんのこと

今年のつばめ

d0129766_833433.jpg

今年も居心地の良い住まいができています。

つばめです。
巣立ちまでもうすぐだと思うのですが、たのしみですねえ。
[PR]
by heart-day | 2009-05-01 08:03 | 鳥さんのこと

診療対象動物のおしらせ

こんにちは、尾崎です。
今日は診療対象動物さんのお知らせです。

<鳥類>
オウム・インコ類
セキセイインコ・コザクラインコ・ボタンインコ・オカメインコ・コガネメキシコインコ・アケボノインコ・ズグロシロハラインコ・サザナミインコ・マメルリハインコ

フィンチ類
ブンチョウ・ジュウシマツ・カナリア

ハト類
ハト・ジュズカケバト

※その他の種類、中大型鳥、猛禽に関しては要相談。

ご相談は、鳥類担当、西谷獣医師まで。



・・・そうなんです、この春から鳥類担当の獣医師が新たに入社しました。
飼育相談から病気の治療、予防までお気軽にご相談ください。


ハート動物クリニック
[PR]
by heart-day | 2009-04-13 14:19 | 鳥さんのこと

11月の病院

こんにちは、尾崎です。
今週、少し投稿が遅れてしまいました。
11月も後半に入りました。
急に寒くなってきたので小さい動物さん、お年の子、持病のある子は体調管理、気をつけてください。

この時期から多くなるのは膀胱炎、下部尿路疾患です。
特に肥満気味の雄の猫ちゃんは要注意。
おしっこが出にくい、出ない、回数が多い、元気がないetc・・・。
こわいですね。


ちなみに我が家のうずらー(×5)はこんなに大きくなりました。
d0129766_16242170.jpg

もう水槽がいっぱい。
寒いからちょうど良さそうですが、運動不足になります。
走り回れて、砂浴びができるくらいのケージにお引っ越ししたいです。

お掃除のときに別の入れ物(フタツキゴミ箱)に移すのですが、うっかりすると2メートルくらい羽ばたいて飛んでってしまいます。
たくましく育てているためか、そのうち飛べそう・・・。
[PR]
by heart-day | 2008-11-21 16:28 | 鳥さんのこと

鳥のフード、続編

鳥のフード、どうしてますか?でご紹介したバードフード。

動物病院で扱っているバードフードはこの2社のものです。

ラウディブッシュ社

d0129766_616578.jpgd0129766_6172722.jpgd0129766_6174317.jpg








































ハリソン社


d0129766_619116.jpg














どちらも動物病院で購入可能です。
特別な治療用のフードもあります。
獣医師の指導のもと使用になりますので一度ご相談ください。

愛知県豊橋市
ハート動物クリニック
[PR]
by heart-day | 2008-10-31 06:21 | 鳥さんのこと
d0129766_1738317.jpg

こんばんは、尾崎です。
縁あって最近我が家にやってきた、うずらの雛たちです。

仲間入りして10日ほど経ちました。
日に日に大きくなっています。

現在は動物病院で販売しているフォーミュラ3を与えていますが、すごい食欲!
あっと言う間にお皿がからっぽになってしまいます、足りないのかな?
いえいえ、5羽いるのですぐなくなっちゃうんですね(やっぱり足りないですね)。

パウダーフードがなくなったら、ラウディブッシュのブリーダータイプに変更しようと思ってます。





・・・と言うわけで、鳥さんの餌について触れてみたいと思います。
我が家のうずらちゃんに与えているフードは総合栄養食の人工飼料です。(配合飼料とは少し違います)
「人工飼料」というとなんだかあれ(?)ですが、わんちゃんねこちゃんの「ドックフード,キャットフード」のような「総合栄養食」(それだけで全ての食事バランスがとれるもの)ということですね。
わんちゃんねこちゃんではこういったぺレット状のフードが浸透していますが、こと鳥さんについてはまだまだ浸透していないのが現状です。(うさぎちゃんぺレットフードについてはまた別のお話・・・後日お話しします)

配合飼料やシード類(あわやひえ等の穀類中心の食事)では総合的な栄養がバランス良く取れないのです。おやつや食欲のない時の気付け(?)程度なら良いですけどね。

で、ぺレットフードのように人工的に作られたフードは製造メーカーの確かさも重要です。
ハート動物クリニックでは、動物病院で扱える現在2社のフードを置いています。

一つは我が家のうずらちゃんに与えている
ラウディブッシュ社http://www.roudybush.com/です。
パウダータイプのフォーミュラーを愛用してます。
大きくなったらぺレットのフードに替えます。

もう一社は、
ハリソン社http://www.harrisonsbirdfoods.com/ですね。
完全オーガニック、茶色のパッケージが素敵です。


ですが、鳥さんは今までの食事内容を急に変更すると全く食べなくなってしまうことが多いため,変更の際は獣医師と相談してゆっくりおこないます。
幼鳥の頃から慣れておけば問題はないのですが。

いずれにせよ、その子にあった年齢や体調にあわせたフードを選ぶことが重要です。
鳥さんはとっても長生き、いつまでも元気にすごしたいですものね!
[PR]
by heart-day | 2008-10-28 17:38 | 鳥さんのこと