人気ブログランキング |

愛知県 豊橋市 ハート動物クリニック 動物病院 の日常です


by heart-day
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

透明なカエル

外から内臓が見える透明なカエル、日本で誕生 | Excite エキサイト
透明なカエル_d0129766_1881424.jpg
外から内臓が透けて見える透明なカエルを誕生させることに、広島大両生類研究施設の住田正幸教授らが成功した。
 解剖せず生きたままで臓器や血管の状態を観察できるため、さまざまな病気の研究や治療法開発に役立ちそうだ。透明な生き物は魚類などで例があるが、四足動物では極めて珍しいという。
 青森県弘前市で開催中の日本動物学会で22日、発表する。
 住田教授によると、国内に広く生息するニホンアカガエルでは、体色が薄くなる遺伝子の突然変異がこれまでに2種類見つかっていた。教授らは変異を持つカエルを掛け合わせ、変異遺伝子を2つ持つカエルをつくった。さらにこのカエル同士を掛け合わせた結果、オタマジャクシから成体まで生涯を通じ皮膚が透明な個体が生まれた。
 特定の遺伝子に蛍光タンパク質の遺伝子をつないで透明ガエルに組み込めば、問題の遺伝子が働いたときにリアルタイムで体が光るカエルもつくることができるという。
 住田教授は「透明ガエルを使えば、がんの発生や進行、臓器の成長や老化、化学物質の臓器への影響などの観察が低コストで簡単にでき、実験動物として利用価値が大きい」と話している。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/topics/85769/より転載
by heart-day | 2007-09-27 17:30 | どうぶつのこと