愛知県 豊橋市 ハート動物クリニック 動物病院 の日常です


by heart-day
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

鳥のフード、どうしてますか?

d0129766_1738317.jpg

こんばんは、尾崎です。
縁あって最近我が家にやってきた、うずらの雛たちです。

仲間入りして10日ほど経ちました。
日に日に大きくなっています。

現在は動物病院で販売しているフォーミュラ3を与えていますが、すごい食欲!
あっと言う間にお皿がからっぽになってしまいます、足りないのかな?
いえいえ、5羽いるのですぐなくなっちゃうんですね(やっぱり足りないですね)。

パウダーフードがなくなったら、ラウディブッシュのブリーダータイプに変更しようと思ってます。





・・・と言うわけで、鳥さんの餌について触れてみたいと思います。
我が家のうずらちゃんに与えているフードは総合栄養食の人工飼料です。(配合飼料とは少し違います)
「人工飼料」というとなんだかあれ(?)ですが、わんちゃんねこちゃんの「ドックフード,キャットフード」のような「総合栄養食」(それだけで全ての食事バランスがとれるもの)ということですね。
わんちゃんねこちゃんではこういったぺレット状のフードが浸透していますが、こと鳥さんについてはまだまだ浸透していないのが現状です。(うさぎちゃんぺレットフードについてはまた別のお話・・・後日お話しします)

配合飼料やシード類(あわやひえ等の穀類中心の食事)では総合的な栄養がバランス良く取れないのです。おやつや食欲のない時の気付け(?)程度なら良いですけどね。

で、ぺレットフードのように人工的に作られたフードは製造メーカーの確かさも重要です。
ハート動物クリニックでは、動物病院で扱える現在2社のフードを置いています。

一つは我が家のうずらちゃんに与えている
ラウディブッシュ社http://www.roudybush.com/です。
パウダータイプのフォーミュラーを愛用してます。
大きくなったらぺレットのフードに替えます。

もう一社は、
ハリソン社http://www.harrisonsbirdfoods.com/ですね。
完全オーガニック、茶色のパッケージが素敵です。


ですが、鳥さんは今までの食事内容を急に変更すると全く食べなくなってしまうことが多いため,変更の際は獣医師と相談してゆっくりおこないます。
幼鳥の頃から慣れておけば問題はないのですが。

いずれにせよ、その子にあった年齢や体調にあわせたフードを選ぶことが重要です。
鳥さんはとっても長生き、いつまでも元気にすごしたいですものね!
[PR]
by heart-day | 2008-10-28 17:38 | 鳥さんのこと