人気ブログランキング |

愛知県 豊橋市 ハート動物クリニック 動物病院 の日常です


by heart-day
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ダニ予防、してますか?

こんにちは、尾崎です。
今日はこの時期から注意したいマダニについて、です。

「朝起きたらうちの子の顔に黒いおできができたんです。」
「体を洗おうとしたら耳に黒いものがついているんです。」
なんてこと、ありませんか?
これは先日のお散歩などでわんちゃんにくっついたマダニが血を吸って大きくなったところです。

こんな子達から採ったのが・・
ダニ予防、してますか?_d0129766_1755342.jpg←マダニです。











大きいのがおとうさん〜〜ではなく、
大きいのも小さいのも同じ種類、小さいものは血を吸う前、大きいものは血を吸った後のマダニなんですね。


マダニは普段草むらでわんちゃん猫ちゃんがやってくるのを、葉っぱの先端で待っています。
動物が近づくと、温度や振動、動物が出す二酸化炭素を察知して動物の体に飛びつくのです。
すごいですね。
で、しっかりと取り付いたまま動物の体で血の吸いやすい場所に移動して吸血します。
吸いやすい場所が「耳」や「脇の下」「おまたの間」など毛の薄いところなんですね。

というように前々日のお散歩でついたマダニが「朝になったら黒いおできが・・・」ということになる訳です。



>マダニがなぜいけないのか?

*血液を吸われることで貧血になることはかなりの数の寄生がない限りありません。
まれにマダニに何百匹、何千匹と寄生され高度の貧血で緊急搬送される動物さんがいますが、健康体で体に異常がなければ滅多に起こることではありません。

*マダニに吸血される際、激しい皮膚の炎症を起こすことがあります。
マダニを見つけて無理に引きはがすとその炎症がさらに激しくなる恐れがあります。

マダニを見つけたらすぐに動物病院を受診してください。


*病原体の媒介になることがあります。
細菌、リケッチア、原虫、ウイルス感染の危険があります。
特に怖いのが「犬バベシア症」です。
以前は西日本において感染がみられましたが、最近は関東でも感染の報告があります。
マダニの吸血から24から48時間以内にきちんとマダニを除去できれば感染症のリスクを下げることができます。



予防にはやはりフロントラインやデュオラインなどの皮膚への滴下タイプの駆除予防剤が確実かと思います。
現在このタイプのお薬は動物病院でのみの販売になっていますので、「ダニがくっついていた」らまずお近くの動物病院までお問い合わせください。


ハート動物クリニック
尾崎佐記
by heart-day | 2009-05-08 17:33 | 病気のこと