人気ブログランキング |

愛知県 豊橋市 ハート動物クリニック 動物病院 の日常です


by heart-day
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ホープ君の闘病

こんんちは、尾崎です。
今回の主役はこの子です。

こんにちは!
d0129766_153959.jpg
ホープ君(11歳@ミックス、男の子)です。

とても11歳には見えない元気なホープ君。
お散歩大好きで、毎日子供達と山道なんかに行っちゃいます。





そんなホープ君、2008年の春頃当院に初めて来ました。
その時、ホープ君の右足には大きな‘しこり’ができていました。

飼い主様はたくさん悩んで、元気にお散歩に行けることを1番に選択されました。




それから約8ヶ月、‘しこり’はますます大きくなってきたのです。
ホープ君は相変わらず元気に毎日お散歩に行きます。
ごはんもよく食べます。

飼い主様と何度も話し合いをしました。
「ホープ君の命を助けるために、右足を切断しましょう。」
「でも先生、ホープは歩きたいんです。」

わんちゃんにとって、4本の足で歩いたり走ったりすることはとても大切なことです。
走ることができるのは、生きていることと同じくらいに大切かもしれません。
ですから、私たちも簡単に「足を切る」とは言いません。
ですが、場合によっては命を優先するために、動物の苦痛を取り除くために「足を切る」ことを強くおすすめする場合があります。

飼い主様は決断されました。
今年の2月、ホープ君は股の関節から下の後ろ足を切断する手術をうけました。
手術直前の左後ろ足の写真です。
d0129766_15575445.jpg
左の後ろ足の内側から見たところです。
膝の関節から下に、大きなしこりがあります。














手術前のレントゲン写真です。
d0129766_15562636.jpg
右足(向かって左側)、
骨の周りの軟部組織(骨以外の組織)が大きく腫れているのがわかります。








手術は無事終了。
数日の入院後、おかあさんの待っているお家に帰ることができました。



手術から1週間、ホープ君は少しずつ、休みながらですがお散歩に行くようになりました。
そして手術から3週間、大好きな山へのお散歩に行けるようになりました。

手術後は腫瘍の転移などがないか数週間から数ヶ月に一回健康診断、レントゲン検査などを行います。
何度かの検査で、腫瘍の転移なし、再発なし。





そして今月、手術から5ヶ月経ちました、先週のホープ君です!
d0129766_1662892.jpg


すごく元気です。
お散歩に行っています。
ごはんもよく食べます。




長生きしてね、ホープ君!
by heart-day | 2009-07-13 16:13 | 今週のこの人!